収納術に関する情報が満載!

たんす自体を収納できる収納術

洋服を収納するアイテムとしてたんすがあります。
たんすがあれば乱雑に脱ぎ捨てられている洋服をきちんと閉まっておけるの便利です。
ただ、狭いお部屋に大きなたんすを置いてしまうと、それだけで圧迫感を感じさせる原因にもなってしまいます。
そうならないための収納術として、柔らかい布でできた折りたたみ式のものを購入する、という方法があるのをご存知でしょうか。
この収納術を使えば普段はたんすとして利用して、引越し時や不要になった時などは折りたたんでそのものをコンパクトにまとめることができるので便利です。
しかし、そんなに重いものを収納するのには向いていないため、あくまでも軽量の衣服を収納するアイテムだと割りきって使うことが大切です。
こういったものはインターネット通販やホームセンターで購入することができますので、本体そのものを収納術として利用したい方は探してみてはいかがでしょうか。
驚きの収納術で住み心地をよいお部屋作りを目指しましょう。

たんす収納術を駆使して、お部屋をスッキリ

たんすほど、便利で片付けしやすいものは、ありません。
中に物を入れてしまえば、周りがスッキリ。
お部屋も広く使えます。
誰でも知っていることなのに、なぜかそうならない。
それは、中身を詰め込みすぎるからなのです。
食品の備蓄などにも言えることですが、理想はたんすの引き出しの中身の八割収納を心がけること。
さらに、欲を言えば、一番下の引き出しを敢えてからっぽにしておきます。
その理由は、急な来客時に、そのからっぽにした引き出しに、散らかっている物を入れてしまえば、戸惑ったりしないで済みます。
ただし、お客様か帰られたら、入れたものを定位置に戻して、からっぽにしましょう。
それから、生活導線を考えた引き出し収納術を、オススメします。
例えば、子どもが小さい家は、リビングで着替えることも多いでしょうから、TV台の引き出しには、靴下、下着、洋服のセットにしたものを入れておくと、便利でしょう。
同じくリビングで身支度を整えたがる、旦那さまも多いでしょうから、浅目の引き出し一つを、旦那様の小物、財布、時計、鍵などを入れてもらえば、出勤前の慌ただしさから解放されるでしょう。
最後に、たんす収納術の魅力と言えば、一つの引き出しが閉まらなくなったら、中身が分類されているので、二割減らす方向へ常にもっていければ、良いだけなのです。
収納術を身につけると、家の中がスッキリして、余分な物を買わずにすんで、お金もたまります。

おすすめWEBサイト



2019/8/1 更新

Copyright © すっきり収納術. All rights reserved.